> > 端物は力持ち >

端物は力持ち

Supports

  • ▪iphoneやGoogleのデジタルカレンダーも便利だが、オフィスで使うには、やはり紙に印刷が最高。
  • ▪壁掛カレンダーは、名入れ印刷用に各種とりまぜ750タイプをご提案。
  • ▪月曜始まり、日曜始まり、六曜、月齢、旧暦カレンダーなど。
  • ▪卓上カレンダーは、オリジナルデザインで100部から。
  • ▪特殊紙に印刷した賞状で、感謝の気持ちを増幅。

 卓上型のカレンダーは常に目につく場所にあるので、ちょっとしたメモを書き込んだり、クライアントと電話で日程の打合せをする際に非常に便利ですね。
 毎日目にするものですので、そこに社名が入っていることでかなりのPRになっています。
 サイズもコンパクトで嵩張らず、社内でもクライアントにも喜んで使っていただいています。
 今年はデザインも一新し、見せ方も今後増えてくるであろうユニバーサルデザインを意識したつくりになっているようです。
 ユニバーサルデザインは「みんなのためのデザイン」を意味し、年齢や障害の有無にかかわらず、できるだけ多くの人が利用可能であるようにデザインすることを言いますが、遊文舎さんの人に優しいものづくりへのこだわりが感じられるカレンダーですね。

 遊文舎カレンダーは、一度使っていただいたお客様はかならずリピーターになってくださり、翌年も請求してくださるようで、営業からも好評です。
 カレンダーはビジュアルも大事ですが、まず見やすく使いやすくなければなりません。 書体や色は、視覚障害の人にも配慮して選び、毎年なんらかの変化をつけて、新しい年を迎える清々しい気持ちに添えるよう努めています。
 また、徳蔵寺保育園の卒園時に手渡される保育証書もユニークな変化に富んだものです。
 これは毎日の給食でからになった牛乳パックを園児たちに洗わせて保存し、保育士の先生方が和紙として漉いておられます。私たちはそれをお預かりして、シルクスクリーン印刷します。
 1枚1枚ふうあいが違い、手作りの心と思い出がこもった卒園証書となっています。

\無料相談はこちら/\無料相談はこちら/