> >

遊文舎の歩み

Company History
1969年4月

大阪府吹田市に「出版会四季」と「木原印刷所」を同時に創業。大学や各種団体の広報誌、年誌の編集のかたわら、オフセット印刷の設備を備える。

1976年8月

事業規模の拡大にともない、現在地に工場を建設。タイプから手動写植機中心の文字組版に本格的にとりくむ。

1979年10月

「株式会社木原印刷」設立。

1987年3月

社屋を拡張。製版部門の完全明室化と組版部門の電算への転換にとりくむ。

1989年2月

タイプセッタライノ300Eを導入し、電算写植システムを完成。

1992年3月

WAVE-ACAD(6E)を導入し、自動組版処理によるパワーアップを図る。

1994年10月

新社屋を建設。〈文字と画像の統合〉に向け、デジタルシステムの構築に着手。また、ハイデル菊全印刷機の導入により、脱“軽印刷”を果たす。

1996年9月

ホームページを開設。ネットワーク時代に対応して、プリプレスのフルデジタル化達成。

1999年1月

社名を「株式会社遊文舎」に変更。〈文字に親しみ文化を育てるGraphic Studio〉として更なる展開を期す。

2002年1月

情報管理システム「ぷぷり」を開発、運用スタートする。IT部門を強化し、多言語組版・データーベース組版を特化。

2002年3月

東京都文京区本郷に東京営業所開設。

2003年2月

ISO9001 品質管理マネジメントシステム登録。クレーム0 をめざして顧客満足に努める。以降、更新継続。

2005年10月

プライバシーマーク認証。JISQ 15001-2006 に対応し、個人情報保護に努める。以降、更新継続。

2008年6月

木原庸裕が社長に就任。社員数50名。

2009年9月

社屋南館、西館の増築にともない、菊半4色機ハイデルスピードマスター74-2に更新。

2010年5月

印刷通販サービス「すぐスール」開始。

2010年6月

ISO14001 環境マネジメントシステム取得。環境負荷の低減に取り組む。以降、更新継続。

2011年5月

メディア・ユニバーサルデザイン(MUD)コンペにおいて2年連続受賞。

2011年10月

富士ゼロックスColor 1000 Press更新。小部数デジタル&オンデマンド印刷を強化。

2013年11月

東京営業所に常駐スタッフ置き、関東方面での営業強化。

2013年11月

富士フィルムXMFシステムの導入により、製版ワークフローの飛躍的進化。CTPは廃液ゼロで環境に対応する。