> > 本づくりは文化 >

本づくりは文化

Book

  • ▪創業以来、様々な出版社様に信頼され利用いただいています。
  • ▪定型的な本づくりから斬新なデザインの書籍まで幅広く対応。
  • ▪書籍編集の専任エディトリアルデザイナー10名在籍。
  • ▪校閲・校正スタッフ5名常駐し、著者と並行して内校正。
  • ▪印刷製本まで自社内で一貫生産。品質管理・納期対応には自信。
  • ▪関連会社株式会社ユニウスでISBNをとり、出版効果を高める。

 遊文舎さんとはもう30年以上のお付き合いになる。当時の社長さん(いま会長になられている)とは、仕事を離れた世間話をよくしたものだ。一見商売人離れした雰囲気を醸されていたが「商売の基本は信用だ」という大阪商人の鉄則を大切にしておられた。
 その遺伝子は現社長に受け継がれて、遊文舎さんのサービスは多岐にわたり、重宝させてもらっている。 カバーをはじめとした優れたデザイン力は、販売アップに直結している。
 また「安い、速い、きれい」という相反する条件を見事にクリアーして、信頼を得ておられる。常に最先端の技術を取り入れ、改革に取組む姿勢が、こうしたところにも現れているのでしょう。

 お客様からいただいた原稿を丁寧に文字組していきます。
 欧文や約物の空き、行間に配慮して、見やすく読みやすい書籍をつくります。
 字下げ、図、表組みも原稿の意図が伝わるよう、著者になったつもりで一文字ひともじこだわって仕上げていきます。ぜんぜん意味不明だったスワヒリ語なども、最後にはなんとなく理解できたりします。
 それはまるで一本の糸を紡ぐような作業でもあります。そうやって時間をかけて完成した一冊の本を手に取る瞬間が楽しみでもあります。

 私たちは、まずお客様の意図を正確によみとり、忠実に再現することに注力します。
 見本組の段階から、ページデザインとともにクォリティの高い文字組版を提供できるよう、社内の文字組版勉強会で、遊文舎スタンダード=ハウスルールを定期的に再検討しています。
 また、書籍というと索引の作成も多いのですが、私たちはそのために索引マーカーを付けるスクリプトを開発しました。
 ほかにもWord原稿からXML書き出しを使って上付、下付き、ルビ、脚注、多言語を取り出すシステムも開発。
 こまかいサポートツールは数えきれないほどです。
 お客さまの手元に届けるまえに、何度も内部校正して制作チームに橋渡ししますが、興味あるものなら内容にのめりこんで仕事にならないのが辛いところです。