> > ITで深化 >

ITで深化

Evolution

  • ▪Webでプレビューを見ながら文字入力します。完成状態を見ながら発注できるので便利です。
  • ▪Webでそのまま発注できます。
  • ▪サーバで作られたInDesignデータをダウンロードして後処理後印刷工程へ
  • ▪お客様がID、パスワードでログインし多数のWeb上でデータを作成。カタログ作成へ

 急ぎの名刺が多く困っている事を営業さんに相談した所、名刺のWeb to Printのシステムを提案していただきました。
 最初Web to Printが良くわからなかったのですが、システムの方のデモを見てびっくり、iPadの画面上で弊社の名刺が表示されていて、名前を入力すればプレビューも瞬時に反映されていきます。また、役職や住所などは入力しなくても、いくつかの候補の中から選ぶだけで自動で入力されたいへん便利でした。
 また、納期も即日で出来るとの事。たいへん助かっています。

 通常Web to Printのプレビューは高価なInDesignサーバやWeb上でPDFを作る高価なソフトが必要ですが、CSSでプレビュー画面を作成する事にしました。以前はFLASHを使っていたのですがCSSのほうが環境を選ばずメンテナンスも楽です。InDesignデータはサーバ上でIDMLというデータを作成しています。こちらも新しい技術で日本でやっている会社は少ないと思います。
 現在は名刺だけでなく、カタログもこのシステムを使って多くの方に入力していただき作成しています。ぐんと効率化できたとお客様に喜んでいただいています。

\無料相談はこちら/\無料相談はこちら/