> > 端物は力持ち >

端物は力持ち

Supports

  • ▪封筒の歴史は150年前のイギリスから。用途に応じて、封筒の種類も多様化。
  • ▪A4規格3つ折が入る長形3号、折らずに入る角形2号で全体の90%のシェア。
  • ▪展開図で印刷し、製袋するオリジナル封筒も好評。
  • ▪伝票にはナンバリングが必須。専用印刷機でどんな紙でもOK。
  • ▪企業イメージを決定づける名刺は、デザインが肝。

 封筒ってたくさん必要なときに限って、よく見ると在庫がなかったりして困ることもあるんですが、遊文舎の営業の方はうちの封筒のような細かな印刷発注でも快くスピーディに対応してくれるので、たいへん助かっています。
 個人情報を含むものを郵送したいときに中が透けて見えにくい専用の封筒や、逆に中身を見せたい場合に透明のPP封筒等、いろいろ提案していただき、またそれにあったデザインもしていただきました。
 ただの封筒だけでもいろいろバリエーションがあるんだな、これが顧客目線の営業というものなんだな、と感心しました。

 大学や企業等のすでにパターンが決まった名刺は、データを流し込んで自動組版します。
 いちからイメージを作り上げる場合は、500種類くらいのテンプレートのなかから選んでいただきます。
 実は、それでは満足いただけないお客様がもっとも多いのです。名刺は組織や個人の顔なので、当然だと思っています。
 ご要望をお聞きしてデザインし、OKをいただくまで何度もすりあわせします。小さな名刺だから簡単だろうと思われがちですが、ロゴと同じように重要で難しいものです。デザイナーのスキルアップには格好の素材だといえます。
 最初のデザインが決まると、あとは自動組版して印刷。コストも納期もリーズナブルに対応しています。

 オンデマンド印刷でのナンバリング入れは簡便ですが、印刷できる用紙は限られています。
 感圧紙を使う複写式納品書・請求書や領収書は印刷機にかけてナンバー入れする必要があります。
 レザック紙など厚紙を使った手形や株券、契約書などの機密書類にも印刷します。
 印刷機はハイデルベルグSpeed Master 52-2で、2色印刷と同時に8桁のナンバリングを入れることができます。もちろん記号付き番号も可能です。
 印刷だけではなく製本時も考慮して、前進・後進を使い分けます。前回の最終ナンバーをしっかり管理しておかないと、だぶったり欠番が出たりするので、その面でもより慎重に印刷しています。

\無料相談はこちら/\無料相談はこちら/