> >

健康経営優良法人

Health and profession

 業績向上企業価値向上へ

 遊文舎は経済産業省が推進する「健康経営優良法人2019」に認定されました

 「健康経営優良法人」の認定を2019年2月21日に取得することができました。遊文舎が申請した中小企業部門には2503法人と、2018年の776法人を大きく上回る認定数で、「守りの健康管理から攻めの健康経営へ」のもたらす効果がますますクローズアップされてきているということの証しではないでしょうか。

■なぜ健康経営に取組んだのか

昨今の働き方改革の大合唱のなかで、人財採用と定着の仕組みの整備が企業の生命線と確信し、その一環として時流に乗った施策と考え、取組むことにしました。
若年層を中心に、理不尽で過酷な環境でもとりあえず頑張ろうという「石の上にも3年」的な価値観が急速に薄れていると感じます。またスマホ普及により、他社の情報収集や転職活動自体が10年前とは比較にならないほど簡便になっています。
幾度とない採用活動を経て、健やかで充足感のある環境で安心して力いっぱい働きたいと考える優秀な人財は数多く存在することがわかりました。そういった人を採用し、WinWinの関係を構築するにはまず理念制定と環境整備と考えています。

■遊文舎の認定取得までの流れ

1.リーダーを選出

全従業員の意見を聞きとりやすくするため各部署から6人の適任者を選抜しました。

2.全員から意見・要望を聞いてみよう

この制度は従業員の働きやすい環境を整えるという福利厚生の要素が大きいのでまずは従業員の不満や要望をヒアリングしました。

3.遊文舎の取組みの発表・実施

テーマは「ワークライフバランスを整え健康で健康で働きやすい職場作りを目指す」。このテーマに沿ってより要望が多かったものを中心に以下の取組みを開始しました。

  1. ノー残業デーの取得率アップのための取り組み
  2. 健康をテーマにセミナーやスポーツ関連のイベントの企画
  3. 懇親会補助制度の実施
  4. 社内にオフィスグリコやドルチェグストの導入

実際には認定の条件に合わないものもありましたが、従業員の満足に少しでも繋がるならと実施しました。

4.申請書作成→2019年2月認定

遊文舎恒例の冬の総会時には協会けんぽより講師をお招きして健康セミナーを開催しました。肩こり・腰痛のセルフチェックや簡単なストレッチ方法の紹介などがあり、従来の総会とは一味違った内容となりました。
誰でも自分の働く会社に少なからず不平・不満があると思いますが、それを発言できる環境・社風づくりというのも健康経営の一つではないかと感じています。健康経営優良法人認定は1年更新です。今後も持続的に認定を受けられるよう、働きやすい環境づくりへの取り組みを継続したいと思います。

健康経営優良法人2019認定証
2018年冬総会時の健康セミナー

\無料相談はこちら/\無料相談はこちら/